ゆっこ

自分の気持ちを整理するために綴ります





はとこが亡くなりました

家が近かったのでいつも行ったり来たり家族のように育ちました

お互いに結婚してからはほとんど会うことがありませんでしたが

しばらく会っていなくても会っていない気はしていませんでした



突然の訃報

病気が見つかってわずか1ヶ月だったそうです



ゆっちゃん、おねえちゃん死んじゃった

ママみたいに逝っちゃった



彼女たちの母親もこの子達が幼い時に亡くなりました

ゆっこが同じように子供を残して逝くなんて・・・



母親を無くして自分も寂しかったり辛かったりしただろうに

逆の立場になるなんて・・・どんなに生きたかっただろう

ゆっこのことが可哀想で切なくて



そんな中同窓会があり

その間は全然無理することなく自然に楽しめ

笑っていられたのに

家にいるとボーッとして何もする気がおこらずジワジワ涙がながれ

なかなか気持ちが切り替えられません



そしてとうとう昨夜は一睡もできず

今日の予定はキャンセルしてしまおうか・・・

いや、これじゃいかん

どんどん落ちていきそうで怖い

わたしよりも妹はとこ達のほうがもっと心配だ

わたしが力になってあげなくちゃ

そうだ、朝になったら電話しよう

そして、わたしにとってゆっことあなた達がどんなに大切なのか気付いたと伝えよう

そう考えるとだんだん力が湧いて朝が待ち遠しく思えるほど



そして今朝、はとこと電話で話をし

彼女たちも同じように思ってくれているときき

とても穏やかな気持ちになりました

わたしも気持ちを切り替えることができそうです





ゆっこ、今頃気付くなんて遅いよね

ごめんね



妹たちがきっとゆっこの家族の力になるよ

そしてわたしはゆっこの妹たちの力になれるように大切にするからね

ゆっこ、ありがとう



         大切なはとこ ゆっこへ








さてさて、15日は初嵐

振り付け覚えにゃならんよ~

元気出していきましょ♪









スポンサーサイト